盛岡の新球場で多彩なセレモニー 記念試合、さんさ、馬コ…

きたぎんボールパークと周辺施設の完成図(盛岡市提供)
 4月1日にオープンする盛岡市永井の新球場きたぎんボールパークのセレモニー内容が決まった。高校野球の花巻東と早稲田実業(東京)、盛岡大付と八戸学院光星(青森)の記念試合を実施。県営、市営両球場の伝統を引き継ぐ継承式や元プロ野球選手、堀内恒夫さんによる始球式も行う。盛岡さんさ踊りやチャグチャグ馬コも披露され、新たな野球の聖地の幕開けを華々しく盛り上げる。

 セレモニーは1、2の両日に行い、観客定員2万人の球場を無料開放する。

 記念試合は、盛岡市などが花巻東と盛岡大付に相談し、両監督の尽力で夢のカードが実現した。初日は旧球場の土を散布する継承式に続き、ピッチャーマウンドの設計を助言した堀内さんが始球式の投手を務め、花巻東対早稲田実業が2試合を行う。2日は盛岡大付と八戸学院光星という東北の強豪同士が対戦する。

盛岡市

岩手
もちもち「生醤油団子」いかが 盛岡・甘味処「グル エ トルテ」
岩手
「ポケモン化石展」来場3万人 盛岡、岩手県立博物館でセレモニー
岩手
結成1年、合唱団Fs Chorが初コンサート 盛岡で23日
岩手
書籍やレコードじっくり品定め 盛岡市民福祉バンク大市
岩手
ワカメに牛乳、田野畑ブランド味わって カワトク前でフェア