連日の寒さで八郎湖が結氷 ワカサギ釣り楽しめる厚さに

厳しい冷え込みで凍結した八郎湖
 連日の寒さで、八郎湖の湖面にも氷が張っている。秋田県八郎潟町と大潟村を結ぶ大潟橋のたもとでは31日、氷上に積もった雪が太陽に照らされ、きらきらと輝いていた。

 町の湖岸近くで「八郎潟釣具店」を営む小柳基さん(63)によると、県内が強い寒波に見舞われた25日ごろから氷が張り始めた。31日現在は約10センチほどの厚みがあり、ワカサギ釣りが十分楽しめるという。

 小柳さんは「今年は凍り始めるのが遅く、上がれるほどの厚みにはならないのではと心配していた。天気予報通りであれば、2月中旬ごろまでは氷上釣りが楽しめるのではないか」と話した。

岩手
カラフルな人形に御利益を期待 花巻・八日市つるし雛まつり
青森
まつりなくとも祈りの火/弘前・沢田地区
青森
鯵ケ沢町観光協会、訪日客向け新メニュー
岩手
個性あふれる酒と肴の器いかが わしの尾(八幡平)がイベント
岩手
カラフル衣装、道の駅彩る 久慈、29日まで学生ショー作品展