連日の寒さで八郎湖が結氷 ワカサギ釣り楽しめる厚さに

厳しい冷え込みで凍結した八郎湖
 連日の寒さで、八郎湖の湖面にも氷が張っている。秋田県八郎潟町と大潟村を結ぶ大潟橋のたもとでは31日、氷上に積もった雪が太陽に照らされ、きらきらと輝いていた。

 町の湖岸近くで「八郎潟釣具店」を営む小柳基さん(63)によると、県内が強い寒波に見舞われた25日ごろから氷が張り始めた。31日現在は約10センチほどの厚みがあり、ワカサギ釣りが十分楽しめるという。

 小柳さんは「今年は凍り始めるのが遅く、上がれるほどの厚みにはならないのではと心配していた。天気予報通りであれば、2月中旬ごろまでは氷上釣りが楽しめるのではないか」と話した。

秋田
男鹿日本海花火、予約券の販売スタート カメラ席新設
青森
ニッコウキスゲ見ごろ、深浦・行合崎
秋田
良い香りでリラックス!美郷のラベンダー見頃 30日まで「まつり」
岩手
旅のお供に名物の「あんパン」いかが 新花巻駅に自販機を設置
岩手
世界の児童書200冊以上が一堂に 盛岡市立図書館で6月25日まで