宮沢賢治自耕の地「下の畑」に案内モニュメント 花巻の保存会

宮沢賢治と下の畑の関係などを紹介するモニュメント
 花巻市の宮沢賢治「下の畑」保存会(菅野将勝会長)は21日、賢治自耕の地とされる同市桜町の下の畑に、賢治と畑の関係などを紹介するモニュメントを設置した。

 現地で行われた除幕式には同保存会会員ら約40人が参加。上田東一市長は「保存会によって整備された畑は多くの観光客に喜ばれている。今後も賢治に思いを寄せる場所になってほしい」とあいさつした。

 モニュメントは縦185センチ、横55センチ。賢治が当時は珍しいトマトやアスパラガスを栽培していたエピソードのほか、賢治の設計をモデルとして同保存会が整備した花壇「涙ぐむ眼」などを紹介している。

花巻市

岩手
ひといち朝市を歩行者天国で 花巻、89年開始以降初めて
岩手
欧州家庭料理、テイクアウトで楽しんで 花巻「サジオ」28日開店
岩手
華やかチョウの世界 花巻で「いきもの部」活動報告展
岩手
山車再び、華やぐ夜 3年ぶり花巻まつり
岩手
花巻まつり、430年の先へ きょうから3年ぶり開催