宮沢賢治自耕の地「下の畑」に案内モニュメント 花巻の保存会

宮沢賢治と下の畑の関係などを紹介するモニュメント
 花巻市の宮沢賢治「下の畑」保存会(菅野将勝会長)は21日、賢治自耕の地とされる同市桜町の下の畑に、賢治と畑の関係などを紹介するモニュメントを設置した。

 現地で行われた除幕式には同保存会会員ら約40人が参加。上田東一市長は「保存会によって整備された畑は多くの観光客に喜ばれている。今後も賢治に思いを寄せる場所になってほしい」とあいさつした。

 モニュメントは縦185センチ、横55センチ。賢治が当時は珍しいトマトやアスパラガスを栽培していたエピソードのほか、賢治の設計をモデルとして同保存会が整備した花壇「涙ぐむ眼」などを紹介している。

花巻市

岩手
花巻東に1年間密着した映画 甲子園を題材、来月に上映会
岩手
イルミネーション、輝き幻想的 花巻、2月まで点灯
岩手
待ってた、ワカサギ釣り 花巻・田瀬湖で今シーズンの事業開始
岩手
県産材使ったおもちゃがいっぱい 花巻の美術館、木育を推進
岩手
高校生が開発、花巻スイーツ 花北青雲高、地元企業と協力