震災前の街なみ、記憶にとどめる 大船渡で再現ジオラマ展

震災前の大船渡町を再現したジオラマ
 東日本大震災前の大船渡市の街なみを再現するジオラマが11日まで、同市大船渡町のおおふなぽーとで展示されている。在りし日を記憶にとどめ、復興の歩みを感じてもらう。

 同町の会社員菊池静さん(59)が断熱材と厚紙、木材を使用し、1970年代の大船渡駅周辺を再現した。市魚市場や加茂神社など200個以上のミニチュア建物が並ぶ。

 市観光物産協会(斉藤俊明会長)が主催の「防災ウイーク」の一環。見学時間は午前9時~午後5時。問い合わせは同協会(0192・21・1922)へ。

大船渡市

岩手
ホタテにアワビ、食べに来て 大船渡碁石海岸観光まつり
岩手
県内の観光船、安全管理を一層徹底 GWの行楽客受け入れ
岩手
モスバーガーが県内限定商品を発売 大船渡店10周年記念
岩手
黄と白、スイセン競演 大船渡・甫嶺駅東側
岩手
「落ちない猫」受験生応援 三鉄、4駅でポストカード配布