奇跡の一本松、この根で踏ん張った 陸前高田の道の駅で展示

奇跡の一本松の根に見入る市民ら
 東日本大震災津波に耐えて残った陸前高田市の「奇跡の一本松」が13日まで、陸前高田市気仙町の道の駅高田松原で展示されている。復興のシンボルとして市民に勇気を与えてきた一本松の根が、震災の風化防止や教訓の伝承を訴える。

 根は高さ2メートル、幅は7~10メートル。道の駅の正面玄関に存在感ある姿を見せ、多くの利用客が足を止めて見入っている。

陸前高田市

岩手
復興祈る作品、タイル壁画に 陸前高田市コミュニティホール
岩手
まちに元気、音楽響け 15日、道の駅高田松原でイベント
岩手
「たかた揚げ」いかが 広田湾の海産物使用、道の駅が試験販売
岩手
津波伝承館、教訓つなぎ来館50万人 陸前高田、開館から2年7カ月
岩手
眺めや料理〝湯〟ったり楽しんで 陸前高田の黒崎仙峡温泉