家老が記した盛岡藩200年 歴史文化館で「雑書」企画展

盛岡藩の家老が書き継いだ政務日誌「雑書」を紹介する企画展。奥の肖像画は歴代藩主
 盛岡市内丸のもりおか歴史文化館は企画展「『雑書』の世界 家老が書き残した盛岡藩」を開いている。盛岡藩の歴代家老が約200年にわたって書き継いだ政務日誌の翻刻出版事業完了を記念し、その資料的意義や魅力に光を当てる。3月14日まで。

 「雑書」は書物の分類上で雑多なものの意味だが、ここでは盛岡藩の家老が記録した政務日誌を指す。

 午前9時~午後6時。一般300円、高校生200円、小中学生100円。2月15日休館。問い合わせは同館(019・681・2100)へ。

盛岡市

岩手
盛岡の新球場で多彩なセレモニー 記念試合、さんさ、馬コ…
岩手
今年も開催「もりおか短角牛フェア」 盛岡18飲食店、2月末まで
岩手
沿岸の手作り品買って、復興後押し 盛岡・カワトクで「絆フェア」
岩手
心躍る「氷の世界」 盛岡・薮川で造形やイルミネーション
岩手
世界の街並みを3Dアートに 盛岡で米画家の作品展、23日まで