長くいい年に 盛岡・年越しそば作り

年越しそばの準備に追われる従業員=29日、盛岡市中ノ橋通・直利庵
 盛岡市中ノ橋通の直利庵(ちょくりあん)(松井洋社長)で年越しそば作りがピークを迎え、従業員らは新型コロナウイルス禍でも味わいを楽しんでもらおうと作業に励んでいる。

 29日は従業員のほか学生アルバイトも加えて10人余りが作業に当たった。紫波町産のそば粉を使い、満遍なく打ち粉をまぶして箱詰めした。

 今年も例年同様、約6千食分を用意。作業は31日に大詰めを迎える。

 おかみの松井裕子さん(76)は「今年はコロナの影響で神社への参拝なども自粛傾向にある。縁起物の年越しそばをぜひ皆さんに召し上がってほしい」と願った。

盛岡市

岩手
輝く氷柱に寒さ忘れて 盛岡・薮川で「氷の世界」初開催
岩手
現代アート、時超え共鳴 盛岡の歴史的建造物に展示
岩手
新装開業まで情報発信 盛岡市動物公園のパネル展始まる
岩手
もりおか短角牛フェア10回目 24店舗自慢の味、持ち帰りも
岩手
惜しまれ 半世紀の歴史に幕 盛岡・かわとく壱番館内丸店閉店