長くいい年に 盛岡・年越しそば作り

年越しそばの準備に追われる従業員=29日、盛岡市中ノ橋通・直利庵
 盛岡市中ノ橋通の直利庵(ちょくりあん)(松井洋社長)で年越しそば作りがピークを迎え、従業員らは新型コロナウイルス禍でも味わいを楽しんでもらおうと作業に励んでいる。

 29日は従業員のほか学生アルバイトも加えて10人余りが作業に当たった。紫波町産のそば粉を使い、満遍なく打ち粉をまぶして箱詰めした。

 今年も例年同様、約6千食分を用意。作業は31日に大詰めを迎える。

 おかみの松井裕子さん(76)は「今年はコロナの影響で神社への参拝なども自粛傾向にある。縁起物の年越しそばをぜひ皆さんに召し上がってほしい」と願った。

盛岡市

岩手
盛岡さんさ踊りの観覧は県民限定 実行委、1日5千人を上限に
岩手
さんさ縮小開催の方向 盛岡で2年ぶり、観覧人数制限検討へ
岩手
盛岡シティマラソン開催へ 10月24日号砲実行委が方針
岩手
原敬の功績 大画面で 百回忌事業で盛岡の記念館、映像放映
岩手
チャグチャグ馬コ代替 分散開催へ 盛岡、滝沢、矢巾で6月12日