冬のまち輝かせる〝輪〟 盛岡でリースフェス開幕

シンボルリース点灯式で、フェスティバル開幕を喜ぶ関係者
 Waのまちもりおかリースフェスティバル(Waのまちもりおか「絆の輪」プロジェクト主催)は29日開幕し、盛岡市中ノ橋通の北日本銀行肴町支店前で、シンボルリースの点灯式が行われた。

 関係者約20人が出席。市民団体ハートフルワークいわての江見夏恵会長(64)が「寒い冬のまちを彩り、たくさんの人に温かい気持ちになってほしい」とあいさつした。カウントダウンの後、南部アカマツの経木を使った飾りなどで装飾された直径約2メートルのリースを点灯、歓声が湧いた。

 来月24日までの期間中、テレビ岩手やカワトク前など市内11カ所に、直径約1メートルのリースを設置する。深沢紅子野の花美術館では同20日まで、歴代のリース展入賞作品の展示を行う。

盛岡市

岩手
久慈磯らーめん発信 「袋入り」開発、17日から販売
岩手
石割桜、春の衣 盛岡で見頃
岩手
雪の盛岡に桜の便り 平年より12日早く
岩手
石から迫る縄文精神 盛岡・県立博物館でテーマ展
岩手
春告げる「ワシ形」くっきり 岩手山の山頂付近