体験客、久慈で化石発見 背びれのとげ、国内初

久慈市で発見されたヒボダス類のとげの化石
 【東京支社】久慈市小久慈町の久慈琥珀(こはく)博物館(新田久男館長)は16日、敷地内の採掘体験場で、絶滅したサメの仲間ヒボダス類の背びれのとげの化石が見つかったと発表した。一関市の女性が約9千万年前の白亜紀後期の地層から発掘。同類のとげの化石の発見は国内初で、関係者はさらなる発見を期待する。

 鑑定した早稲田大国際学術院の平山廉教授、城西大水田記念博物館大石化石ギャラリーの宮田真也学芸員らが都内で記者会見した。

 とげは長さ19センチで緩やかにカーブし、断面は卵円型で中空構造。同類は古生代石炭紀から中生代白亜紀末にかけて生息した。見つかったのは全長1メートルとみられる小型のサメのとげで、襲われた際の防御に使われたとみられる。

 国内では北海道や福島県で同類の歯の化石が発見されている。今回発見された久慈層群玉川層ではティラノサウルス類や大型植物食恐竜の歯の化石も見つかっている。とげの化石の発見により同層で以前発見された歯の化石がヒボダス類のものと確認された。

 宮田学芸員は今回の発見について「ヒボダス類が白亜紀後期の東アジア周辺の河川から浅い海に生息していたことを示す貴重な資料」と評価。平山教授は同層について「今後も新しい発見が期待できる。調査を続けたい」と強調する。

 とげの化石は昨年5月、琥珀採掘体験に訪れた一関市の病院検査技師高橋光さん(27)が発見。高橋さんは「ティラノサウルスの歯が発見されたニュースを見ており、自分も琥珀や化石が発見できるといいなと思っていた。貴重な発見に携わることができ、うれしい」としている。

 今回化石が見つかった場所はティラノサウルス類の化石発見地点から約5メートルの距離で、いずれも採掘体験の一般人が掘り当てた。恐竜好きで昨年採掘にも挑戦した久慈市寺里の久慈小5年山本賢士(けんと)君は「久慈からこんなに次々見つかりすごい。また夏休みに掘りに行きたい」と目を輝かせ、今後の研究にも注目する。

 とげの化石は同館で23日から8月30日まで一般公開する。

久慈市

岩手
自慢の海鮮 初の朝市 久慈・大尻地区、あすから2日間
岩手
沿線待望 観光列車再開へ JR、久慈―八戸間24日から
岩手
「しらかば場所」成功誓い土俵入り 久慈で来月、闘牛大会
岩手
タウン誌 愛され200号 「ダ・なす」表紙一新、のんさん特集
岩手
あまちゃんハウス28日閉館 久慈・展示品は新施設へ