大森山動物園、20日から通常営業 一部イベントは中止

 秋田市浜田のあきぎんオモリンの森(大森山動物園、小松守園長)は20日、今季の通常営業を始める。

 予定していたオープニングセレモニーや、高木美保名誉園長のトークイベント、小動物との触れ合いコーナーなどは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止した。消毒用アルコールを設置し、来場者にせきエチケットの徹底を呼び掛ける。

 飼育員による動物の解説と餌やりを見学できる「まんまタイム」、ラクダやサルへの餌やり体験は予定通り実施する。昨年9月に生まれた四つ子のアムールトラ「令(れい)」「和(なごみ)」「風(ふう)」「月(つき)」も公開する。

 園内の大型遊具「アソヴェの森」も20日から利用できる。軽食コーナー「森のこまち」では、先着100人を対象に食事券が当たる抽選会を実施する。

 今季の営業は11月末まで。開園時間は午前9時~午後4時半(入園は4時)。入園料は大人730円、高校生以下無料。問い合わせは同園TEL018・828・5508

秋田市

秋田
新型コロナで苦境のココラボ、「未来の展覧会チケット」販売
秋田
「生グソ」持ち帰りOK 秋田市・広栄堂のかき氷、混雑回避で
秋田
キョンの赤ちゃんサツキ、愛らしく 大森山動物園
秋田
県立美術館、6日再開 8月30日まで平野コレクション展
秋田
土方巽のパネル増設、見応えアリ 羽後・鎌鼬美術館が再開