熱戦、苦戦、 わんこもち 全国大会、一関の男性80杯で連覇

声援を受けながら懸命に餅を頬張る参加者
 一関地方の餅文化をユニークに発信する第13回全国わんこもち大会(実行委主催)は2日、一関市大町のなのはなプラザで開かれた。県内外の大食い自慢が熱戦を繰り広げ、男性個人戦は同市花泉町の会社員岩渕恭史さん(35)が80杯で2連覇を果たした。

 団体戦(2人一組)9チーム、男性個人戦10人、女性個人戦4人が出場。5分間の制限時間内にあんこ、ずんだ、しょうゆで味付けされた一口大の餅をいくつ食べられるか競った。参加者は会場の声援を受けながら、懸命に餅を食べた。

 自身が持つ大会個人記録102杯の更新を目指した岩渕さんは「餅が軟らかくのみ込みづらかった。来年はもっと練習して臨みたい」と意欲をみせた。

一関市

岩手
心潤す淡色じゅうたん 一関でアジサイ見頃
岩手
9周年祝い馬車で周遊 一関・骨寺村荘園交流館
岩手
須川高原散策 お供にマップ 一関・地元温泉が作製
岩手
予防呼び掛ける「通行手形」 一関市、来訪者向けに発行
岩手
待ちわびた絶景堪能 猊鼻渓舟下り運航再開