熱戦、苦戦、 わんこもち 全国大会、一関の男性80杯で連覇

声援を受けながら懸命に餅を頬張る参加者
 一関地方の餅文化をユニークに発信する第13回全国わんこもち大会(実行委主催)は2日、一関市大町のなのはなプラザで開かれた。県内外の大食い自慢が熱戦を繰り広げ、男性個人戦は同市花泉町の会社員岩渕恭史さん(35)が80杯で2連覇を果たした。

 団体戦(2人一組)9チーム、男性個人戦10人、女性個人戦4人が出場。5分間の制限時間内にあんこ、ずんだ、しょうゆで味付けされた一口大の餅をいくつ食べられるか競った。参加者は会場の声援を受けながら、懸命に餅を食べた。

 自身が持つ大会個人記録102杯の更新を目指した岩渕さんは「餅が軟らかくのみ込みづらかった。来年はもっと練習して臨みたい」と意欲をみせた。

一関市

岩手
義経の馬、雄姿後世に 一関で特別展、紙芝居や絵図紹介
岩手
一関市のイベント情報
岩手
冷水浴び 疾風のごとく 一関・大東大原水かけ祭り
岩手
春を呼ぶ ひな人形の共演 一関・千厩でまつりスタート
岩手
特大ひな壇華やかに 一関・千厩きょうからまつり