秋商高生、浴衣でお点前 竿燈観光客らもてなし、千秋公園

浴衣姿で来場者をもてなす秋田商業高の茶道部員
 秋田市の秋田商業高校茶道部による「竿燈茶会」が同市の千秋公園にある茶室「宣庵(せんあん)」で開かれている。浴衣姿の部員が観光客らに抹茶とお茶菓子を振る舞っている。6日まで。

 部員たちが日頃の稽古の成果を披露するとともに、秋田竿燈まつりに訪れた観光客らをもてなそうと、まつり期間中に毎年実施している。薄茶と濃茶の二つの席を設けている。

 4日は部員9人が参加し、紺やピンクなど色鮮やかな浴衣姿でお点前を披露。観光客らに「熱さ加減はいかがですか」と声を掛けたり、お茶菓子の説明をしたりしていた。

 香港出身で東京都在住のベティー・ワンさん(46)は「本格的なお茶は初めてだったが、濃くておいしかった」と笑顔を見せた。

 部長の佐藤七海さん(18)は「一生懸命入れたお茶を観光客や外国の方に喜んでもらえるとうれしい」と話した。

 一席350円。午前10時~午後2時。

秋田市

秋田
ごてんまり、多彩に61点 秋田市で26日まで展示会
秋田
「秋田牛しぐれ煮」開発、全国販売 焼き肉店×つくだ煮店
秋田
空港1位は「あつみのかりん糖」 お土産、いぶりがっこ健闘
秋田
全種類、制覇できるかな? 「ラッピング」タクシーが好評
秋田
太平山の「信仰」「暮らし」紹介 県立博物館、魅力知る展示