新鮮食材がお出迎え 盛岡・中央卸売市場で「開放デー」

威勢のいい呼び声に誘われ新鮮な食材を求める買い物客ら
 盛岡市羽場の盛岡市中央卸売市場の活性化ビジョン推進委(細川允史(まさし)委員長)は15日、本年度初の「開放デー」を現地で行い、市場の仕組みや役割を市民に発信した。

 本棟の水産物部仲卸売り場を一般開放し、水産物や青果を扱う卸売業者計6社が出店。殻付きホヤやマグロ、スイカやキュウリなどが並んだ。「安いよ」「はいどうぞ」と威勢のいい声が響き、買い物客は目当ての品に手を伸ばした。

 7月6日、9月7日、11月9日にも開催する。

盛岡市

岩手
魔法の美術館きょう開幕 盛岡・マリオス展示ホールで
岩手
「魔法の美術館」あすから開催 盛岡・マリオス
岩手
浴衣涼しく盛岡散歩 協賛店キャンペーンスタート
岩手
県産ベリー 甘い誘惑 県内10店舗、スイーツフェア
岩手
万年筆インクは岩手色 盛岡の文具店、イメージ3種を販売