手仕事のぬくもり感じよう 北上の温浴施設、クラフト作品販売

菅原千秋代表(左)の樹脂粘土作品に見入る子どもら
 北上市北鬼柳の温浴施設まーす北上(田村誠支配人)は19、20の両日、クラフト作品を展示販売する「まーすマルシェ」を開き、手仕事のぬくもりを提供している。

 19日は布小物や陶器、アクセサリー雑貨など県内外の13事業者が出店。同市里分の工房RUIBOSU(ルイボス、菅原千秋代表)は樹脂粘土で装飾したイヤリングやブローチが人気を集めた。奥州・常盤小2年の駿河桃桜(もも)さんは「かわいい。部屋に飾ってみたい」と見入った。

 マルシェは新型コロナウイルス禍で販売機会を失ったクラフト作家らの支援として2月に初開催し、3回目。会場では「秋の味覚まつり」も併催し、大船渡産サンマの塩焼き(450円)などを販売している。

 午前11時~午後4時(まつりは同8時まで)。問い合わせはまーす北上(0197・64・7400)へ。

北上市

岩手
全国の有名陶器ずらり 北上で26日までチャリティー販売会
岩手
夏油お得に回遊 北上・温泉郷旅館組合、共通割引券を初配布
岩手
おいでよ昆虫の世界 北上市立博物館和賀分館、標本800点展示
岩手
自作の陶器で彩りを 「ma-ma工房」をオープン
岩手
新食感のフルーツ大福 三中井(奥州)が北上に専門店