積雪少なく今季営業終了 花巻・鉛温泉スキー場

下草が露出した場所を避けてスキーを楽しむ来場者
 花巻市鉛の市営鉛温泉スキー場は1日、今季の営業を終了した。当初は8日まで営業する予定だったが、雪が少なく安全に滑ることができなくなった。

 最終日も市内外から約30人が訪れた。コースの一部で下草が露出し万全とはいえないコンディション。盛岡市津志田の会社員羽賀このみさん(35)は「近くて利用しやすいのでもっと営業してほしかった。来シーズンに期待したい」と残念そうに話した。

 同スキー場は1月9日に今季の営業を開始。2001年に市営となってから、営業日数は2番目に短い53日。営業終了を前倒しするのは06年度以来2度目。

 鉛スキーセンターの下川原勝・索道技術管理者(62)は「ゲレンデの状況はこの10年間で一番悪く、安全に楽しく滑ってもらえる状態ではなかった」と話した。

花巻市

岩手
県北、県央の酒蔵堪能を 盛岡振興局、来月までスタンプラリー
岩手
氷柱6.1メートル 豊作期待 花巻のたろし滝
岩手
ひな飾り 華やぐ温泉郷 花巻の14施設、写真撮影スポットも
岩手
夫婦の誓い刻むフォトフレーム 花巻温泉が新サービス
岩手
ビル再生、にぎわい拠点 花巻・「カゲツドアーズ」本格開業